開店秘話・歴史

鎌倉小川軒開店秘話

鎌倉小川軒開店秘話

鎌倉小川軒の創始者である中村敬臣は1988年、東京代官山の「小川軒」より独立。翌年『お菓子の家・鎌倉小川軒』として、鎌倉本店・戸塚店を同時オープンしました。
鎌倉は古くからハイカラ好きの街としても知られています。また、食へのこだわりが強い人々が集うこの街で、果たして自分たちのお菓子は受け入れられるのか不安と期待が入り混じる出発でした。

『お菓子の家・鎌倉小川軒』の代名詞である「レーズンウィッチ」は、今でこそ皆様に愛されるブランドに成長しましたが、開店当初の売れ行きは決して良くはありませんでした。

鎌倉小川軒開店秘話

それでも「原材料へのこだわり」や「手作りの温かみ」は必ず認められると信じ、中村敬臣をはじめスタッフは日夜お菓子作りにまい進しました。
やがて、徐々に足を運んでくださるお客様が増え、店内にはお客様とスタッフの活気あふれる声が飛び交うように。

こうして「レーズンウィッチ」は地元のお客様に受け入れていただき、また観光土産として、鎌倉を訪れたお客様からもお買い求めいただく人気商品になりました。
地方への発送も格段に増え、今や「レーズンウィッチ」をはじめとする『お菓子の家・鎌倉小川軒』の焼菓子は、鎌倉を代表する商品のひとつとなったのです。

鎌倉小川軒の歴史

鎌倉小川軒の歴史は、1988年に東京代官山の「小川軒」から独立したことにより始まりました。屋号を「お菓子の家・鎌倉小川軒」として、独立の翌年である1989年に鎌倉本店と戸塚店をオープン。現在は、鎌倉本店・シァル鎌倉店・大船ルミネウィング店・藤沢小田急店・東京駅一番街店・グランデュオ蒲田店・戸塚工場直営店の7店舗で営業しております。
近年では、地元鎌倉のお客様ばかりでなく、お土産としてご利用される方や遠方からご注文される方も増加。
鎌倉小川軒の「レーズンウィッチ」はオンラインショップや有名百貨店を通じ全国でお楽しみいただいております。

沿革

昭和63年9月 東京代官山「小川軒」より独立し法人設立
平成元年4月 鎌倉市御成町にて鎌倉本店をオープン、戸塚店も同時開業
平成4年9月 大船店開店(平成24年閉店)
平成13年7月 戸塚レーズンウィッチ工場始動
平成15年3月 戸塚店リニューアルオープン(平成29年閉店)
平成16年3月 鎌倉店リニューアルオープン
平成18年4月 発送センター(オンラインショッピング)開設
平成20年9月 東京駅一番街店「鎌倉小川軒」オープン
平成24年8月 そごう横浜店菓子売場に「鎌倉小川軒」オープン(平成28年閉店)
平成26年11月 大船ルミネウィング店スイーツ小町に「鎌倉小川軒」オープン
平成29年3月 シァル鎌倉店に「鎌倉小川軒」オープン
平成29年6月 中村友 代表取締役社長就任
平成29日11月 戸塚工場直営店オープン
平成30日3月 グランデュオ蒲田店に「鎌倉小川軒」オープン
平成31日2月 小田急百貨店藤沢店に「鎌倉小川軒」オープン